サッカー用語解説 少年サッカー応援辞典へようこそ

サッカー用語解説 少年サッカー応援辞典では小学生の息子さんや娘さんのサッカーを応援するおとうさん、おかあさんのために、知っておくともっと楽しくなるサッカー用語を解説しています。
子供たちのサッカーを楽しく見る参考にどうぞ!!
なお、ここは少年サッカー用語辞典の別館です

8人制サッカー

サッカーのプレーヤーの人数は、世界共通・世代を問わず11人で、ピッチのサイズも決まっています。 

ですが、小学生がプレーするには、ピッチが広すぎるのに加え、ゲーム時間が短い、一人一人の運動量が少ないこともあって、ボールに触れる時間が限られてしまいます。 

このため、小学校低学年のころは、ミニサッカーとして5人制でゲームをすることも多いのですが、高学年になって急に11人制になっても思うようにプレーすることができません。 

実は、世界的に見てもこの小学校年代で、11人制を行っているところはそれほど多くなく、7人制、8人制を採用しているところが多いのです。 

こういった背景もあってようやく日本でも、JFA(日本サッカー協会)が正式に8人制のルールを決定して、推進するようになってきました。 

2010年には、U-12の主催大会を2011年からは8人制で行うとJFAでもアナウンスしています。 

8人制の特徴を簡単に説明します。 

  • ピッチのサイズは大人の半分が標準で、68m×50mちょっと 
  • 審判は1人、予備でサポートする審判はいるが、オフサイドの判定も含めて主審が行う
    ※子供たちの自主性に任せる狙い 
  • 試合時間は15分x3本の3クォータ制 
  • 選手交代はインプレー中であっても自由にできる 

というルール上の特徴があります。 

また、実際にプレーしている様子を見ていると、 

  • 一人あたりのボールに触れる時間は11人制よりも確実に増える 
  • ゴールへつながるプレー(シュート)の機会が多くなる 
  • スペースが狭いので団子状態(混戦)が増えて、1対1、1対2など技術を求められる場面が増える 
  • 全員攻撃、全員守備という意識になる 
  • 子供たちの運動量が増える 

という状況がたしかに起こっています。 

サッカー =(イコール)11人という意識が大人の側にはまだまだ多いのですが、これからは目にする機会が多くなってくるでしょう。 

また、最近は少子化で人数が減ってきているクラブにとっては、より少ない人数でゲームができる点もメリットになるはずです。 


なお、子供に比べて審判をする大人の側は、慣れるのちょっと時間がかかりそうです。 
これまで3人で分担してきていたことを1人でこなす必要がありますから。 
そういった意味では体力作りから必要かもしれません。 


■参考情報 

・8人制サッカールールと審判法(JFA) 
http://www.jfa.or.jp/match/rules/index.html

応援よろしく、読んだらクリックしてね! → にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ   ブログランキングへ
posted by 少年サッカー用語辞典 at 00:00 | サッカー用語辞典:0〜9
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。